グランスイート南砂は日本橋へ10分、大手町へ11分という電車移動に優れた立地が魅力の新築マンションです。新宿や渋谷駅へも20分から30分でアクセスできますので、通勤先が都心部のご家庭でも移動手段には困らないでしょう。南砂は江東区にある街ですが、木場公園まで出れば首都高も利用できます。また新木場駅の近くを走る湾岸線を使えば、千葉方面へも車移動にも困らないでしょう。「移動」という面ではメリットばかりの街と言えるはずです。
こちらを参照!⇒グランスイート南砂|江東区・東西線「南砂町」駅の新築マンション

では東京都江東区南砂という街そのものについてですが、現時点では少し寂しさが残ります。大型ショッピングセンターはあるものの、駅前が賑わっているのか?というと「YES」とは決して言えません。しかし注目すべきは再開発地域という点です。今すぐに環境が変化するわけではありませんが、再開発地域ならば将来的に駅前開発が盛んに行われることも考えられるでしょう。今ではファミリー層に大人気の「武蔵小杉」というエリアも、開発プロジェクトが進行したおかげで現在の盛況さがあるのです。つまり将来的に住宅価値が増す可能性は多いに考えられます。

最後にマンションの評価ですが、「年内入居可能」「角住戸率90%超」「ゆとり天井」がポイントとなります。詳しい物件内容については資料請求をすれば分かりますので、江東区にて新築マンションをお探しでしたら、候補に加えてみてください。

水辺の近くの住まいって、1種のあこがれがありますね。多摩川の近くにあるマンション「大田区久が原、鵜の木の新築マンション|ザ・久が原レジデンス」ではそれが現実のものになります。
多摩川沿いの住まいというと年配の方は昔あったあるドラマを連想されるでしょうか?こちらは久が原の高台に建設されています。こちらのエリアは久が原と鵜の木の間のエリア。一方は閑静な住宅街で一方には自然にあふれた国分寺の崖線の袂という場所です。

設備面は機能美にこだわった洗練されたキッチン。先進の設備や機能はもちろんのこと、インテリアとしても美しさにこだわりました。カウンタートップには天然石の風合いをもつ人工大理石を採用しました。
また、一般にはあまり見られない吊戸棚を設置。手が届きやすい位置に調理器具や調味料の保管に適しています。
浴室はフルオートバス。キッチンから湯音や湯量の設定ができます。シャワーは少ない水量でも勢いのあるシャワーを可能にした節水タイプ。
セキュリティー面は玄関のオートロックを始め、各部屋の玄関扉には防犯センサーを設置しています。敷地内・建物内には録画機能付き防犯カメラが設置してあります。インターホンはモニター付き。エントランスに入る際にはキーを鍵穴に挿入せずに開錠できる非接触キーを採用しています。